姫納めはおねえさま系ビアオム女子

新年である。と言っても西暦の新年である。我々在住者、特に拙のような底辺には本日が休日である以外、特にこれと言ったことも無いのである。一昨日Viが帰省し、大晦日は本命彼女を口説き落として友人達と遊びに行かせ、こちらは毎年恒例の姫納めにしけこんだ。流石にこれは天然過ぎるビアオム女子にお願いをしたいのは山々だが、そいつはちょっと粋じゃねえな?、かと言って馴染みの面々じゃあ面白くねぇじゃねえか?と勝手に思い込み、市内某所の花街へ繰り出してみたものの、今夜だけは外したくないとの思いもあって、アドバイザーに助言を求めてみた。”どーかねぇ・・・最近そんな遊びに行ってないからなあ・・・そうだなあ・・・” 遊び人と言うヤツは自分のシマを明かさないものである。特に本命は絶対に明かさない。それは拙も同じである。そこはソレ、トレードってヤツで・・・とこちらもそれなりの情報提供することでdealが成立した。ゴルフ好きの遊び人と言うのは往々にしてトリッキーである。件のアドバイザー氏から頂いたintelも果たしてかなりトリッキーであった。フツーの御仁ならゆめゆめ出向いたりはしないだろうが、実地踏査は遊び人の基本である。早速Grabをしたためてみるが3人にキャンセルを喰らいつつも件のintel元へ行ってみたのである。

さて、結論から言うと大当たりであった。ルームが綺麗、マダムも綺麗、女子の数およそ30名。クオリティも高い。そしてリーズナブル。カラオケ機材が古いのが残念なだけで、間違いなくFour star級である。見世とマダムの教育がいいのか、チョイスタイムの時点でノリがいい。否が応でも期待に股間が膨らむのは必至であった。

チョイスしたのは28歳のハイズオン女子と24歳のニャチャン女子。おねえさま系女子である。さらにハイズオン女子の北部娘的上から目線感と言うご褒美付きである。この晩はto goがお目当て、結論から言うとハイズオンおねえさま最高である。これはハマる。意気揚々とニャギを出て、アドバイザー氏に電話をかけて顛末をご報告申し上げると、”え?マジであんなトコまで行ったの?こんな日に?” Nguyen hueのカウントダウンイベントに恐らく女子を伴ってお楽しみであった彼は呆れたようにこうおっしゃった。

そうなんだよ、ハマるけど遠いんだよ・・・