パスポートがドッカいく

ちょっと野暮用で海外へ行くことになった。と言うことで先立つものはパスポート。えーっとパスポヲトはと・・・と保管しているであろう場所を探ってみるとない。あれ?ドコへやったかな?と次に入れてあるであろうバッグなどを探ってみてもない。最近ベトナムを出ることもないし、我々在住者はTRCがあれば常時デカいパスポートをケータイする必要もないのですっかり存在を忘れてしまうのである。

さて、ドコを探しても見当たらない。彼女に聞いてみても効果的な回答が帰ってこない。探し物、特にそれが見当たらない場合、個人的に非常に癇に障るのである。これはマズい。日本国民としての公的身分証明書を紛失してしまうと、再発行の手続きに余計な労力と時間を費やさなければならないのが更に癇に障るのである。

幸い海外渡航にはまだ時間があるしMr. Inoueの言葉を借りれば、探すのを止めた時見つかるコトも良くある話である。と言うことで少し落ち着いてみることにした。

と言う話をViんちに行った折にしてみると、”え?オッサンのパスポートここにあるじゃん”とベッドのナイトテーブルの引き出しから赤い手帳が姿を現した。なんでこんなトコにあるんだ?と面食らってしまったが”えー私知らないよー、オッサンすぐスマホとか財布失くすじゃん”とVi。同じコトを彼女からもクドクドと言われているので非常に耳が痛いのであった。