Viちゃんまさかのブチギレーション・・・

ベトナム女子の浮気チェックと言うのはスマホチェックと財布チェックである。面と向かってスマホ見せやがれコノヤローと言う女子もいれば、それとなーく隙を見計らってチェックする女子もいるのである。そして財布チェックだがこれが中々盲点である。ベトナム女子は大体こちらの財布にいくら入っているか?を常に把握している。そしてレシートの存在である。財布と言うのは中々隠しずらくて、レシートも処理すればよいが拍子にそれを忘れてしまう。それが大いなる誤算となって墓穴に至るのである。

さて、ウチのViちゃんはラ・マン、いわゆる愛人であるがViちゃん自身も恐らくそれに気づいていると思われるのは過去にも告白した通りである。だから嫉妬や浮気チェックと言うのはウチの彼女ほどではないのである。とタカをくくっていたのであるがゴロゴロしながらスマホゲームをしているとピコーン!と他の女子からZALOが入ったのを見られてしまった。しかしそれもウチの彼女からなら見なかったフリ的に流すViちゃんだが、昨晩はそのZALOがCbarのハノイ娘からだったのをViちゃんは見逃さなかった。

Viちゃん、まさかのブチギレーションの幕が切って落とされた。スタスタとテーブルの上の我が財布をおもむろに開くと一枚の紙片を取り出すと”この@@@restaurant、thai van lungってなんなの?”とまるで昭和の奥様が旦那のスーツからマッチを取り出し、アータこのスナック明美ってなんなのヨ?と切り出すかのようなベタな展開である。ジャンピング土下座である。しかしそれでエンドゲームしてくれるようなベトナム女子ではない。”そのコに電話してよ、アタシ話するからさあ?”。ダイビング土下座である。付き合いでしょーがないの、会社だからどーすることもできないのと謝り倒して何とかお電話だけは勘弁してもらったが、ヤッたの?ヤッてません!いくらあげてるの?あげてません!囲ってるの?囲ってません!の応酬が続き、”助けてViちゃん!貴女だけが頼りなの!”とオレはレイア姫か!とセルフツッコミたくなるくらいの甘えん坊ディフェンスでコトは収束に向かった。

まさかViちゃんにここまでブチ切れられるとは夢にも思っていなかったのである。ベトナム女子の嫉妬とチェックは愛の証、無いのは愛の騙しと言う格言があったよーな、いやなかったよーなである。